慶応卒・元コンサルのゆうママが、おうちモンテ・おうち英語をお届けするママブログ

【子供の健康】波動医学って何?京都でサイマティクスを受けてみた体験記

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
2歳4歳のワンオペ育児中のアラサー。 激務コンサル会社を辞め、子育てマニアになるべく日々精進中。 慶応経済卒で学歴コンプを抱えつつ、子供が個性を最大限に生かすことができるよう、おうちモンテやおうち英語に取り組む。
詳しいプロフィールはこちら

実は2019年から、ママ友(看護師、旦那様は外科医)からの紹介で鍼灸に通いだしてから、体調が劇的に改善して性格まで変わりました。

子供にイライラ怒ってしまい、アドラー心理学や親学など色々学びセミナーにも投資してきましたが、ママが元気になるのが一番の解決策でした!

ゆうまま

今まで怪しいと思って東洋医学は避けていたのですが、その魅力にどっぷり浸かりつつあります。

ほんと、元気があれば何でもできる!って言葉は奥深いですし、本当にそうなんですよ。

東洋医学の京都ラサルーテの石原先生との出会い

石原先生は、もともと鍼灸医としてご活躍でしたが、治療を通じてご自身も患者さんの悪い気をもらってしまい、手わざを使う治療の限界を感じておられたところ、体に触れずに治療を行う波動療法と出会い、東洋医学的診断を行い波動療法を施すという独自の診療をされておられます。

そんな石原先生を知ったのは、ワクチンセミナーを開催されていた横地先生つながりでした。

無料lineグループがすごかった・・・!

石原先生のFBでしばしば先生のお考えや治療内容を知り、無料のlineグループに参加。

無料で相談にのっていただけるのですが、その内容がすごかったんです。

質問者さんの書く少しの情報から、なぜそのような症状が起こるのかを東洋医学的に的確に診断され、これが無料の内容でいいの??と思うくらいの大盤振る舞い。

一度東洋医学的診断を受けてみたいと1年くらい思い続けていて、でも京都遠い…と何度も断念して・・・ようやく重い腰を上げて受診してきました。

ゆうまま

そもそも波動療法って?

知っている方は読み飛ばしていただいて、知らない方のために・・・

身の回りにあるものを小さく分解すると、すべては「波」で表現することができます。それらには固有の周波数が存在します。私たちの身体の中にある細胞、一つひとつにも決まった周波数があるのですが、この周波数が狂うと体調に変化が表れます。

※波動療法でがん治療をされているわかばクリニックさんのHPから引用

MRIで脳の断面図が撮れるのは、脳にも微弱電波が流れているからなんですよね。つまり、私たちの体も「波」で出来ているわけなんです。

それぞれの臓器に正しい「周波数」があり、その周波数が狂うと病気になるという考え方をします。

その周波数を正しく治すために、正しい周波数を聞かせてあげる。

それが波動療法です。

 

うーん、自分で書いてて、怪しさ満載ですねwでもこれ、ドイツなんかではちゃんと医療として成立してますし、今後の医療は波動や音といった周波数の療法になると言っている専門家もいます。

までも、音を聞くだけなので、副作用もなく、気軽にできるのが良いところ。物は試し!なので、受診してきましたよ。

ラサルーテで波動療法を受ける

ネット予約

予約はネットから。丁寧にお電話をいただいて、予約が完了しました。

子供たち2人と私の合計3名で受診することに。

ラサルーテは石原先生と奥様の2人でされていて、今回は奥様が子供たちの相手をしてくださる間に私も診てくださるということに。

子連れで受診すると、子供達がカオスになるので、こういった気配りがあると有難いですね。

アクセス

場所は地下鉄丸太町駅から徒歩10分ほど。

どんな雰囲気?

おしゃれなマンションの一室にラサルーテはありました。

中に入ると、ホワイトでまとめられた清潔感あふれる診療室が。アロマの香りも漂い、癒しの空間になっていました。

おもちゃもあり、子供たちは早速遊びだして、くつろぎだしました。

診療内容は?実際、受けてみて感想

じっくり問診

子供たちのこと、そして自分のこと、体調面で気になっていることを先生にじっくり聞いていただけます。

そして、先生からは、お子さんは~~じゃないですか?と質問があり、それがドンピシャの内容ばかりで、唸ってしまいました。

私の知らなかった子供の体調で注意すべきことなどを教えていただき、子供の性格面で注意することも教えていただきました。

実は、子供の繊細な面が気になっていて(それが小学校選びを考える要因となったのですが)少し悩んでいたのですが、それも先生にはお見通しだったようで、しっかりアドバイスを頂いて、ママの直観は正しかったんだ!と安堵しましたし、今後もしっかり子供を見てサポートしていかないとと想いを新たにしました。

波動セラピー

そして、体調や気質に合った周波数の音を聞かせるというサイマティクス療法に。

実は、コロナ対策CDを購入していて、毎年11月になると体調をくずすのですが、今回はそれが無かったので波動療法に興味を持つキッカケとなったのです。

1回の施術で体調がすっかり良くなった!と実感することは無かったのですが、(週に1度の鍼灸、子供達も月2回の鍼灸に通っているので、何が健康に繋がっているのが不明なところもあり・・・)今までモヤモヤしていた体調の悩みの原因がわかり、とってもスッキリしました。

息子は心臓の気が弱い体質のようで、今回は息子用にサイマのCDを注文しました。しばらく聞かせてみようと思っています。

足湯とバッチフラワー

先生とおしゃべりしていて、足湯とバッチフラワーレメディは良いよという話に。

先生のlineのオープンチャットを拝見していても、足湯をしたほうが良いという回答が非常に多く、足湯は気を下す効果もあるので風邪などにも効果的だそう。

我が家の子供たちも私も、体質的に毎日足湯をして気を下した方がいいとアドバイスをされ、なるべく足湯をするようにしています。

(このブログも足湯をしながら執筆しています)

※簡単!効果的な足湯の仕方はこちらを

 

バッチフラワー

バッチフラワーレメディも、先生は効果があるとおススメされていました。

フラワーレメディも波動療法で原理は同じようです。

レメディは怪しい印象が強くて避けていたのですが、調べるとフラワーレメディはイギリスのエリザベス女王が愛用しているなどイギリス王室御用達で決して怪しい医学では無い模様・・・。

なにより、成分が花のエキス(厳密にいうと違うのですが)とグリセリン。ざっくり言えば害の無い砂糖水なので、副作用も考えられないので、物は試し!ということで色々と購入してみました。

※バッチフラワーレメディで子供と私のイライラが収まった話はこちらから

 

怪しい医学?なにが正しい?

東洋医学というと、怪しいイメージでしたが、子供を産んで感じたのは、西洋医学「だけ」が正しいわけではないということ。

日本人って、予防医学の概念があまり無いんですよね。(教育に問題があると思ってますが)

一方、アメリカなど欧米は予防医学に力を入れていて、だから50年代の和食が一番体に良いというマクガバンレポートも出ていたり、ヨガや瞑想が見直されていたりします。

日本はアメリカなどで流行ったものを輸入しているわけですが、実は、輸入せずとも日本本来の医学や考え方に答えがあるような気がしています。

私自身、鍼灸に通って1年がたち、風邪が重症化しにくくなったり、何より元気になったので子供たちにイライラすることが無くなり、主人から「愚痴が減ったけど、そんなに鍼灸っていいの?」と主人まで鍼灸に興味を持つようになりましたw

性格が穏やかになるくらいの効果って、地味に凄いと思います。

それまで、アドラー心理学とか、親学とか、色んなセミナーとか本とか、かなり投資してきましたけど、結局は元気を取り戻すのが一番私には有効だったようです。

もちろん、交通事故で緊急手術が必要!ってときは西洋医学に頼りますし、東洋医学だけを信じているわけではありません。

どちらもメリット・デメリットがあるので、いいとこどりをしていく感じです。

ま、こういう情報って怪しいのでママ友から回ってくることもないので、こうして、密かにブログを通じて、良いものが広まって、たくさんのママとその家族が幸せになってくれたらなと。そんな思いでこの記事を書くことにしました。

以上、怪しい世界の話でしたw信じるか信じないかはあなた次第です!w

この記事を書いている人 - WRITER -
2歳4歳のワンオペ育児中のアラサー。 激務コンサル会社を辞め、子育てマニアになるべく日々精進中。 慶応経済卒で学歴コンプを抱えつつ、子供が個性を最大限に生かすことができるよう、おうちモンテやおうち英語に取り組む。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© イクジニスト , 2021 All Rights Reserved.