イクジニスト

元コンサルのゆうママが、妊娠・出産・子育て情報をお届けするママブログ

マンションベランダで砂場を作ってみたら、息子が大喜びして、もっと早く作っておけばと後悔した話

time 2017/10/31

マンションベランダで砂場を作ってみたら、息子が大喜びして、もっと早く作っておけばと後悔した話

子どもって、砂遊びが大好きですよねw

うちの2歳息子も、砂場で小一時間もくもくと遊ぶタイプです。

娘が産まれてから、しばらくは公園に一緒に行っていました。

 

が、娘がハイハイしだした頃から、公園から足が遠ざかり・・・

 

気付けば、公園に数ヶ月行っていないな〜と・・・。

しかも、砂遊びって、支援センターとかでもなかなか出来ない遊びなんですよね。

あ〜、子どもらしく、自由に砂遊びさせてあげたい!!!

そう思い、思い切ってベランダに砂場を作ってあげることにしました!!

 

これが、大正解!!だったので、皆様にもシェアしたいと思います^^

 

sponsored link

そもそも、砂遊びの効果って?

そもそも、砂遊びって良いんだな〜ってのを読んだのは、

こちらの本でした。

 

 

アメリカで飛び級で進学し、たしか最年少の9歳で大学に進んだ、もうまさにギフテッドな少年。

韓国人と日本人のハーフだそう。

 

「私はリトル・アインシュタインをこう育てた」

リンクがはれなかったので、Amazonで検索してみてください!

 

食事も無農薬や無添加にこだわり、オムツも布にこだわる、このママ。

体の中から、そして皮膚感覚も養うのが子育てには大事。

なかなか、早期教育系の書籍で、食事や皮膚感覚に関して記載されている本って少ないように思います。

この本は、結構、読んでいて納得〜な本でした。

が、このママは、かなりレベルが高い(パパもだけど)ので、ちょっとやそっとでは真似できないな〜と。。。

 

このママが、遊びで積極的に取り入れていたのが、「砂遊び」でした。

庭に、専用の砂場を作ってあげていたそうです。

砂遊びは、子どもの創造性や手先の強化など、とても良い事づくしなんだそう。

 

この本を読んでから、いつか砂場作ってあげたいな〜と思いながら

なかなか実行できずにいました。

 

ベランダ砂場の作り方

おおきく3つあるみたい

  • 衣装ケース
  • 専用の砂場ボックス
  • ビニールプール

調べると、結構たくさんの方が、集合住宅でも砂場を作ってました。

だいたい、この3つで作ってはる人が多かったです。

 

衣装ケース

衣装ケースだと、蓋がついているので、管理がしやすいみたい。

雨風を避ける事ができるし、動物や虫が混入するのも防げますし。

何より、お手軽に入手できるので、始めやすいのがメリット。

 

衣装ケースのデメリットは、使わなくなったときに困ることくらい?

いやでも、本来の衣装ケースとして使えれば問題ないか^^

 

専用砂場ボックス

ベビザラスなどで販売されている、専用の砂場ボックスです。

ザ、砂場って感じなので、子どものテンションはあがると思います。

 

by カエレバ

 

 

ただ、結構良いお値段はします。

また、砂場以外の使い方が無いのがデメリットかな。

 

ビニールプール

夏場はプールとして使えるし、砂が飛びにくいので、

子どもも思い切って遊べそう。

 

収納も、使わないなら折り畳めるし、場所を取らない。

お値段は衣装ケースと砂場専用ボックスの中間ほど。

ただ、デザインは、ザビニールプール・・・な残念な感じ。

 

我が家はこうして作りました!

で、色々調べた結果・・・

我が家では、ビニールプールと、おもちゃ収納バッグで作ることにしました。

まず、購入したのはこちら。

by カエレバ

 

80センチと迷いに迷って、結局は直径100センチをチョイス!

 

 

いずれは、娘と息子が2人で遊ぶことを想定して、このサイズに。

結果的に、このサイズにして良かったです!

 

次に、砂場の砂が飛び散るといけないので、

こちらのお片づけバッグを購入。

 

by カエレバ

 

このシート、レゴなどの細かい遊びでお片づけシートとして使われてるみたい!

このシートの上で遊んで、あとは紐でしばるとバッグになるので、

簡単にお片づけできちゃいます!

 

今回は、このシートを、ビニールプールに敷いて、砂場を作ります^^

 

砂は、さらさらタイプをおすすめ!

砂は、こうしたさらさらしたタイプが良いです。

なぜかって、服につきにくく、ベランダではたけば落ちるので、

部屋の中にほとんど砂が入ってきません!

 

by カエレバ

 

 

また、少量の水で泥遊びもできますが、

まとまった泥になるので、汚くなりづらかったです!

 

ちなみに、20キロを購入しましたが、量は十分でした。

また、このさらさら砂、水で濡らしても、ドロドロにならないから汚れにくい!

これ、おうちベランダで必須ポイントかとw

でも、しっかり型抜きもできるので、楽しめます。

 

 

完成した砂場がこちら!

折りたたみ式のプールに、お片づけシートを広げて砂をザザーっと広げました。

 

で、遊ばないときはこうしてお片づけ可能!

 

このお片づけシート、防水っぽいシャカシャカした素材なので、

砂もはじいてくれます。

 

きゅっと紐を縛れば、砂が簡単に隠れてしまうので、風に飛ばされる心配もなし!

 

わ〜、このシート、本当に使える!

 

かかった費用は

折りたたみプールが4000円ほど

お片づけシートが1000円

砂が2500円。

なので、合計7500円で出来ました!

 

ベビザラスで販売されている専用のボックスだと、

ボックスだけでこれくらいするので、

かなり満足いくコスパだと思います。

 

ベランダ砂場、息子の反応は!?

いや、小一時間、ず〜っと楽しそうに1人で遊んでいました!

100センチのプールにしたので、結構広めです。

娘が将来的に一緒に遊んでも、余裕がある感じで良かったです。

 

お片づけシートは150センチなので、ギリギリプールにおさまる感じでした。

ただ、遊んでいると、シートがめくれてくるので、

洗濯ばさみで、プールとシートをくっつけるといい感じです。

 

もっと早く作ればよかった・・・!

下の娘がねんね時期だと、公園にも行けました・・・。

けれど、ハイハイ期がきた6ヶ月以降・・・

抱っこしないと、娘は動きたがってベビーカーで公園は無理ゲーでした。。。

 

なので、公園にはここ数ヶ月行けず・・・

旦那さんがたまに日曜に連れていってくれるのですが、

最近は日曜も仕事なのでいけず・・・。。

 

幼稚園の見学で、砂場を見つけると、

いつも遊びたそうにする息子・・・。

 

そして、いざベランダに作ってみると、

朝のちょっとした時間や、

夕飯までの隙間時間などに、

30分くらいは黙々と集中して砂場遊びをしています^^

 

こんな息子の姿を見ていて、

あ〜もっと早く作ってあげていれば良かったなと

親として反省しました。

 

誰かが言っていたのですが、

できるようになったから、環境を用意するのではなく、

その環境があったから、出来るようになるのです。

って。

 

本当、そうだな〜と思いました。

 

これをキッカケに、我が家は、室内わんぱく王国化を目指すことにしましたw

次に導入する室内遊具は、うんていです。

こちらはまた、届いたら記事にする予定です。

 

 

集合住宅で砂場を作る時の注意点

集合住宅では、まず砂が飛び散らないようにするのが一番です!

砂が飛ぶと、洗濯物などもに被害が及びますし、

なにより、お掃除しないといけません。

 

そんな迷惑をかけてまで、砂場を作るのはリスクがあると思います。

 

なので、しっかり、砂が飛び散らない対策を万全にすることが、

ベランダ砂場の大前提だと思います。

 

我が家での砂対策

まず、お片づけバッグを使用することで、

砂場遊び以外で砂が飛び散ることを防ぎます。

結構、夜間の風などで飛び散ることも多いので・・・。

 

なので、使わない時は、蓋がしまるような砂場を作るのがいいかと。

 

そして、砂場を使い終わったら、

飛び散ったわずかな砂を、こまめに掃除機で吸うようにしてます。

 

室内にも持ち込ませない!

また、砂場遊び用の長靴を履かせており、

ベランダから室内に入る時は、

ベランダに椅子を置いて、座って、しっかり砂を落とすようにしてます。

 

そして、奇麗な足のまま、室内に入ってもらうようにしています。

 

これだけでも、かなり室内に砂が持ち込まれる確率は低いです。

 

もっと、砂が飛び散ったりするのかなと思っていましたが、

砂自体もさらさらしたタイプなので、

お洋服に入り込むこともなく、

とても掃除がしやすく、助かっています^^

 

ご紹介した、先ほどの砂はかなりおすすめでした!

送料無料だったので、1袋購入してみて、足りなかったら追加でいいかと思います。

 

おそらく、遊ぶたびに少しづつ減っているので、1年ごとに追加していくことになりそうです。

 

まとめ

以上、ベランダ砂場の作り方でした!

最初、作るのはちょっと労力(調べるのに)がいりましたが、

Amazonと楽天でポチるだけなので、作る自体はすごくラク!w

 

作る事に対する心理的ハードルが一番高かったのかなw

けど、息子の喜びようや、毎日すごく楽しく遊んでくれる姿を見て、

もっと早く作っておけば・・・と後悔しましたw

 

ぜひ、なかなか外出できないママさん、

ベランダ砂場をおすすめしたいと思います!

 

 

以上、ゆうママでした!

sponsored link

down

コメントする




ゆうママのプロフィール

ゆうママ

ゆうママ

2歳10ヶ月の息子、9ヶ月の娘と、13歳年上のハードワーカー旦那と4人暮らし。 5年半の激務コンサル会社から、ゆる〜い兼業主婦に転向し育児に奮闘するアラサー。 育児・家事をノウハウ化し、いかに食事作りと子育てに集中できるか追求中の大阪人。慶応経済卒。



sponsored link